--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-19

追悼 山本邦山

山本邦山さん”さようなら”  箏曲家・宮下伸


邦山さん、あの日の大切な約束は…2014年1月18日私たちは東北大震災慰霊のための『鎮魂の響き』を福島県郡山市で公演、心からの音色を伝えることが出来た。その帰りの新幹線で邦山さんが「自分の尺八と宮下伸の箏、本條秀太郎の三味線でCDを作りたいので協力して」とヤル気満々の彼の言葉に圧倒されスグに賛同する。「東京で近々に企画を練ろう」彼は元気一杯だった…しかし邦山さんは黄泉の人、あの声が今も耳から離れない。

2月16日の通夜、彼の遺影に話しかける。涙が止まらなかった。私たちがグループ五輪を結成、邦楽の魅力を伝えようと東京はじめ各地で公演した熱き日の思い出。沢井忠夫、横山勝也、山本邦山各氏は他界され、畏友青山鈴慕氏と私は後輩を指導している。邦山さんと私が初めて合奏したのはNHK、二十代前半であった。彼の音色の美しさ、磨かれた感性、正確な合奏テクニックに驚嘆させられた。それから彼との共演が私の喜びとなった。

邦山さんは私と四歳違いの兄さんである。

三十代の邦山さん才能迸る特徴的な共演はドイツグラモフォンレコード『アジアの出逢い』小泉文夫氏の演出、ラビシャンカルのシタール、アララカのタブラ、山本邦山の尺八、宮下伸の箏、全て即興で演奏する。邦山尺八は自由奔放で謳い上げが素晴らしい。さすが世界一の即興の名手である。次に企画力、作曲に優れた邦山プログラム。国際交流基金の派遣、私の箏とピアノの佐藤允彦氏が加わり、ニュージーランド・シドニーで演奏、大喝采を浴びる。ホテルでのビール乾杯は楽しく、邦山さんの酒豪ぶりに心底喜びを感じた。

三十代半ば、文化庁の依頼で関西方面を『春の海』・宮下伸作曲『琉歌』でまわる。邦山さんと同部屋で過ごしたので彼の面倒見よい優しさと几帳面さをしっかり垣間見ることができた。机をきちんと揃え、曲がった座布団はまっすぐにして座り、箸や椀もきちんと揃える。道徳作法の先生である。

しかしながらある時は夜遅く「伸さんラーメン食べに行こう」と私を誘う。彼が本当にラーメン好きとわかったのはNHKの邦楽オーディション審査の時で終わると必ず私を誘いにくる。何時の日にか私もそれを待つようになり、私もラーメン党になっていた。

「邦山さん今度はいつにする」

三十代後半コロムビアで録音された中能島欣一作曲『さらし幻想曲』山本邦山の尺八、杵屋五三郎の三味線、宮下伸の箏、この合奏は楽しく、激しかった。邦山さんの真剣に勝負する姿、精神の研ぎ澄まされた人間力を感じることが出来た。

邦山さんありがとう。

合掌


※本稿は『邦楽ジャーナル』2014年4月号特集「山本邦山氏を偲ぶ」へ寄稿されたものである。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮下伸

Author:宮下伸
宮下伸(みやした しん)
作曲家 箏・三十絃演奏家

宮下流箏曲創始者

1954年 東京芸術大学卒業。在学中、安宅賞受賞。NHK邦楽者育成会第9期首席修了。NHK「全国今年のホープ」に選ばれる。
1968年 第1回芸術選奨文部大臣新人賞受賞。
1973年 「宮下伸 箏・三十絃リサイタル」の演奏・作曲により芸術祭大賞文部大臣賞受賞。
1981年 NHK委嘱「響の宴」の作曲により芸術祭賞文部大臣賞受賞。
1997年 演奏・作曲・教育の功績により松尾芸能賞優秀賞受賞。

[代表委嘱作品]
1995年 文化庁委嘱「三十絃・尺八・歌による南島」ほか
1978年 NHK委嘱「箏組歌・六白嬉遊曲」ほか
1981年 国立劇場委嘱「響流」/出版・春秋社

[教育活動]
1995年 NHK開局70周年記念コンサートに自作「海流にのって」(日本三曲協会委嘱)を演奏/NHKホール
2003年 文科省主催・宮下伸の話と演奏「乱輪舌」「三つの断章」/国立劇場大ホール
2005年 文科省主催「我が国の伝統音楽を生かした音楽の充実に向けて」講演/国立劇場・NHK開局80周年<日本音楽の祭典>中能島欣一作曲「三つの断章」独奏/NHKホール
2007年 全国高等学校総合文化祭委嘱/宮下伸作曲「箏三重奏曲・華やぎ」を出演の高校生に指導/群馬県教育委員会
2008年「芸道50周年/宮下伸・筝三十絃作品演奏会」伝統芸術の新たな創造と発展を伝える/紀尾井大ホール

[社会活動]
箏曲・宮下社会長、文科省中央教育審議会専門委員、文科省学習指導要領<音楽>作成協力者、第30回全国高等学校総合文化祭/日本音楽審査委員長、長野県/栃木県/埼玉県/群馬県高等学校日本音楽コンクール審査委員長、NHK邦楽オーディション審査員、賢順記念全国箏曲コンクール審査員

[海外公演]
外務省派遣の日本国文化特使・宮下伸邦楽アンサンブル団長としてアメリカ、メキシコ、グァテマラ、コスタリカ、パナマ、オーストラリア、ニュージーランド、印度、パキスタン、ダージリン、タイ、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、ウィーン、ポーランド、ハンガリー、デンマーク、スェーデン、フィンランド、イラク、ロシア、ペトルスブルグ、ほかで公演

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。