--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-20

音楽の真髄を伝える文科省教科調査官のピアノ

 2012・12・9大泉スポーツ振興事業団主催/大泉町教育委員会後援、岡部和彦台本構成・演出「四季の不思議」が大泉町文化村大ホールで開催され、私も自作自演で参加した。プログラム第Ⅰ部は春夏秋冬の中から生まれた日本の文化の素晴らしさを、岡部秀芳・清風らの箏・尺八・笛による器楽合奏、ソプラノ岩井理花の日本歌曲独唱で表現する。第二部は私の作品で、日本の繊細な音の象徴である{水琴}が生む心の美を表現した「箏とピアノのための水琴抄」序曲・夜明け、Ⅰ・いざない、Ⅱ・愛、Ⅲ・歓びから祈りへ。ピアノは大熊信彦文科省教科調査官、音楽の知覚・感受の大切さ、身体の奥底から湧きあがる真の音の大切さを実践している大熊氏のピアノの音は温かく、真心があり、私の箏とのデュエットを楽しむことができた。また真剣に教育行政に携わる人の真摯な心を知ることができた。
 私も未来に向かって芸術を生かした人間教育の大切さを、これからはもっともっと生かし、いじめのない楽しい社会を作って行くよう尽力したい!
プログラムの最後はアンコールにかえて、東日本大震災うで被災された多くの方々へ愛を込めて、1津軽の子守唄
2江戸子守唄3中国地方の子守唄4五木の子守唄5日本古謡「さくら」。を箏ソロで弾くことができた。

                                            宮 下  伸











  
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮下伸

Author:宮下伸
宮下伸(みやした しん)
作曲家 箏・三十絃演奏家

宮下流箏曲創始者

1954年 東京芸術大学卒業。在学中、安宅賞受賞。NHK邦楽者育成会第9期首席修了。NHK「全国今年のホープ」に選ばれる。
1968年 第1回芸術選奨文部大臣新人賞受賞。
1973年 「宮下伸 箏・三十絃リサイタル」の演奏・作曲により芸術祭大賞文部大臣賞受賞。
1981年 NHK委嘱「響の宴」の作曲により芸術祭賞文部大臣賞受賞。
1997年 演奏・作曲・教育の功績により松尾芸能賞優秀賞受賞。

[代表委嘱作品]
1995年 文化庁委嘱「三十絃・尺八・歌による南島」ほか
1978年 NHK委嘱「箏組歌・六白嬉遊曲」ほか
1981年 国立劇場委嘱「響流」/出版・春秋社

[教育活動]
1995年 NHK開局70周年記念コンサートに自作「海流にのって」(日本三曲協会委嘱)を演奏/NHKホール
2003年 文科省主催・宮下伸の話と演奏「乱輪舌」「三つの断章」/国立劇場大ホール
2005年 文科省主催「我が国の伝統音楽を生かした音楽の充実に向けて」講演/国立劇場・NHK開局80周年<日本音楽の祭典>中能島欣一作曲「三つの断章」独奏/NHKホール
2007年 全国高等学校総合文化祭委嘱/宮下伸作曲「箏三重奏曲・華やぎ」を出演の高校生に指導/群馬県教育委員会
2008年「芸道50周年/宮下伸・筝三十絃作品演奏会」伝統芸術の新たな創造と発展を伝える/紀尾井大ホール

[社会活動]
箏曲・宮下社会長、文科省中央教育審議会専門委員、文科省学習指導要領<音楽>作成協力者、第30回全国高等学校総合文化祭/日本音楽審査委員長、長野県/栃木県/埼玉県/群馬県高等学校日本音楽コンクール審査委員長、NHK邦楽オーディション審査員、賢順記念全国箏曲コンクール審査員

[海外公演]
外務省派遣の日本国文化特使・宮下伸邦楽アンサンブル団長としてアメリカ、メキシコ、グァテマラ、コスタリカ、パナマ、オーストラリア、ニュージーランド、印度、パキスタン、ダージリン、タイ、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、ウィーン、ポーランド、ハンガリー、デンマーク、スェーデン、フィンランド、イラク、ロシア、ペトルスブルグ、ほかで公演

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。