2017-03-05

箏・三十絃作品リサイタル 3月18日(土)紀尾井小ホール

20170318
2017-01-01

謹賀新年

20170121163053f8c.jpg


20170121163011322.jpg

※2017年1月近影


今年も作曲・演奏を通して箏の音色美を
伝えていきます

   平成二十九年 元旦


   箏曲・宮下社 家元
      宮下 伸

〒177-0033
東京都練馬区高野台1-21-6 4F
電話 03(3904)5490
芸術山荘(長野県佐久市)
電話0267(65)2755

◎3月18日(土)
「宮下伸 箏・三十絃作品リサイタル」
紀尾井小ホール 午後二時開演
2016-12-22

邦楽の発展を担うコンクール

日本伝統音楽の魅力は長い歴史の中で培われ、人々の心の中に素晴らしい美の世界をつくり上げている。私も文科省の学習指導要領の作成協力者として音楽文化の発展に力を注ぎ、その教育に励んでいる。その中で私が審査し印象に残った、最近のコンクールを二つ紹介しよう。

ひとつは11月12日(土)のNHK邦楽オーディション。合格者は全国放送で演奏を紹介される。箏・尺八・三味線、琵琶、吟詠の中堅が芸を競う。放送対象なので技術力ばかりでなく、曲節を大切にした深い表現力が重要である。そして大きなスタジオ、501スタジオの響きを頭に入れて演奏すべきである。

次に、12月14日(日)九州・久留米市の賢順記念全国箏曲コンクールが石橋文化会館ホールで行われた。東京の第一次審査を「六段の調」の演奏で通過した25人。これからの次代を担う若手のコンクールで、全国から参加した若者が手に汗を握る競演は素晴らしく、そのエネルギーに圧倒されそうである。これからもさらに音楽力を増し、頑張って欲しい。心からの声援を送りたい。

今、邦楽人口が減少する中で、伝統音楽の魅力を多くの人達に伝えていくことが出来るよう、演奏に教育に、さらに全力を傾けたい。
2016-11-05

2016年、誕生日を迎えて

FullSizeRender-1.jpg


11月5日、誕生日を迎え、今は次に向かうエネルギーが漲っています。

私の教授する幹部も演奏に秀れ、稽古にもしっかり自覚を持って、箏の音色美のすばらしさを多くの人達に伝えるべく私と共に励んでおります。

また、来年2017年3月18日(土)紀尾井ホールにて私の箏、三十絃リサイタルを開催します。曲は箏曲宮下社の本曲となる高崎市制百周年の委嘱作『祝楽・煌』、NHK委嘱作『八千代獅子の主題による変奏曲』、文化庁委嘱作『三十絃のためのひびき』他を演奏します。

応援の程よろしくお願い申し上げます。


(写真は11月近影)
2016-07-24

2016.6/11NHK邦楽オーディションの審査を終えて/審査員:宮下伸

今日はNHK全国放送の新人演奏者を選ぶ年2回のNHKオーディション。審査員として渋谷のAKに向かう。午後1時、509スタジオにおいて情熱溢れたソロの競演が終わる。審査の結果NHK放送の演奏者が決まる。今日7月中旬、数々の演奏を聴いてきた中で、あの日の演奏、邦楽の魅力を創意工夫したオーデションの熱演が素晴らしく、今もなお頭に響いている。これは今後の邦楽の原動力になると思う。私も演奏指導者として1音の音の重み、フレーズの歌い方の大切さ、更にf.p、cresc.dim,rit.accel,の表情記号をつけて曲全体を奥深く演奏することを教示し、心に響く音楽を身につけさせたい。

プロフィール

宮下伸

Author:宮下伸
宮下伸(みやした しん)
作曲家 箏・三十絃演奏家

宮下流箏曲創始者

1954年 東京芸術大学卒業。在学中、安宅賞受賞。NHK邦楽者育成会第9期首席修了。NHK「全国今年のホープ」に選ばれる。
1968年 第1回芸術選奨文部大臣新人賞受賞。
1973年 「宮下伸 箏・三十絃リサイタル」の演奏・作曲により芸術祭大賞文部大臣賞受賞。
1981年 NHK委嘱「響の宴」の作曲により芸術祭賞文部大臣賞受賞。
1997年 演奏・作曲・教育の功績により松尾芸能賞優秀賞受賞。

[代表委嘱作品]
1995年 文化庁委嘱「三十絃・尺八・歌による南島」ほか
1978年 NHK委嘱「箏組歌・六白嬉遊曲」ほか
1981年 国立劇場委嘱「響流」/出版・春秋社

[教育活動]
1995年 NHK開局70周年記念コンサートに自作「海流にのって」(日本三曲協会委嘱)を演奏/NHKホール
2003年 文科省主催・宮下伸の話と演奏「乱輪舌」「三つの断章」/国立劇場大ホール
2005年 文科省主催「我が国の伝統音楽を生かした音楽の充実に向けて」講演/国立劇場・NHK開局80周年<日本音楽の祭典>中能島欣一作曲「三つの断章」独奏/NHKホール
2007年 全国高等学校総合文化祭委嘱/宮下伸作曲「箏三重奏曲・華やぎ」を出演の高校生に指導/群馬県教育委員会
2008年「芸道50周年/宮下伸・筝三十絃作品演奏会」伝統芸術の新たな創造と発展を伝える/紀尾井大ホール

[社会活動]
箏曲・宮下社会長、文科省中央教育審議会専門委員、文科省学習指導要領<音楽>作成協力者、第30回全国高等学校総合文化祭/日本音楽審査委員長、長野県/栃木県/埼玉県/群馬県高等学校日本音楽コンクール審査委員長、NHK邦楽オーディション審査員、賢順記念全国箏曲コンクール審査員

[海外公演]
外務省派遣の日本国文化特使・宮下伸邦楽アンサンブル団長としてアメリカ、メキシコ、グァテマラ、コスタリカ、パナマ、オーストラリア、ニュージーランド、印度、パキスタン、ダージリン、タイ、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、ウィーン、ポーランド、ハンガリー、デンマーク、スェーデン、フィンランド、イラク、ロシア、ペトルスブルグ、ほかで公演